オフィス移転を行う時は、移転先の間取りを元にしてオフィス内のレイアウト図を作成しておく必要が有ります。机やOA機器、ファイルなどを保管しておくための棚やカウンターテーブル、書棚など色々なオフィス家具を移転先のオフィスの中の何処に置くのかをオフィス移転の引越を行う前に完成させておくことが大切です。また、オフィス内のレイアウト図を作成した後は、レイアウト図のオフィス家具全てに番号を振り分けておいて、オフィス家具にも同じ番号を書いた紙を貼り付けておけば、引越業者の人がオフィスレイアウト図を見て、この机は何処に置けば良いのかと言った指示を与えることが出来ます。オフィス移転を行時には新しいオフィスの間取り図を入手する事が出来ますが、入手した間取り図の縮尺に合わせてオフィス内で利用しているオフィス家具やOA機器などのサイズを測り、間取り図の縮尺に合わせて縮小したサイズの型紙を作ります。

型紙を作る時はオフィス家具を真上から見たものを作ることがコツで、間取り図内でオフィス家具の型紙を動かしながらオフィスレイアウトを作り出す事が出来ます。例えば、間取り図が50分の1のサイズであれば、オフィス家具の寸法を計測し、計測したサイズの50分の1のサイズの型紙を作り、間取り図の中でそれぞれのオフィス家具の型紙を移動させながら、どこに置けば良いのかを決めて行けば、最適な場所に机や棚などを配置する事が出来ますし、型紙を利用して動かしていくので、適切な位置に配置する時にも容易に行えるなどのメリットが在ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です