オフィス移転はいわゆる会社の引越しであり、オフィス移転を行う場合は色々な準備をしておく必要が有ります。最初に行うことは移転先のオフィスを探す事で、家賃を減らす目的で移転をする場合もあれば、現在よりも広いオフィスを探したい、規模を縮小するので現在よりもコンパクトなオフィスを探したいなど、オフィス移転を行う理由は様々ではあるわけですが、移転先を探す時には従業員の通勤などについても考慮をしておく必要が有ります。移転先のオフィスが見つかった後は、引越業者、電話工事や電気工事の手配などが必要になります。引越業者を決める場合は、1社のみだけではなく数社に対して見積もりの依頼をして費用の比較を行うことが大切です。

電話工事や電気工事は引越作業を行う前に完了させておくのが理想であり、引越後にスムーズに業務を進められるように計画を立てましょう。最近はインターネットを利用して業務を進めるケースが多くなっているため、インターネットの回線工事も併せて行う必要が有りますし、電気工事はオフィス内での電源の確保をスムーズに行えるように電流容量等をチェックし、ブレーカーが飛ばないような配線工事を行っておく必要が有ります。尚、現在使用しているオフィスは原状回復工事が必要になるケースが在るため、移転先のオフィスの工事だけではなく、既存のオフィスの工事も計画の中に入れておくことがオフィス移転における準備のポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です