会社のオフィス移転を行う場合には計画をきちんと立てて進めて行くことが大切です。個人の引越なども計画を立てて行わないと、届出をするのを忘れていたために、ガスや電気、電話などが使えないと言う事も起こり得ますが、オフィス移転の場合など届出を忘れてしまえば業務に支障をきたしてしまう事になりかねません。一般的な引っ越しと同じく、オフィス移転の場合も電気やガス、電話と言った届出を行っておくことが大切です。特に、オフィスで利用する電話は一般家庭で利用している電話とは異なるため、回線における工事などの手配が必要になりますし、新しいオフィスの中で利用する電気についても、OA機器などを利用するケースが多い事からも、事前に届出を行うなどが必要になります。

尚、会社の住所が変更になるため、移転後には幾つかの所轄に対しての届出を行う必要が在ります。これは移転後に行えば良い事ではあるのですが、それぞれ届出を行う期間が定められているため、何時までに届出を行うのかを調べておく必要があります。例えば、法務局での登記所では本店や支店の移転登記申請を行う必要が在り、本店の移転手続きは移転日より2週間以内、支店の移転手続きは移転日よりも3週間以内、税務署に対しては、事業年度、納税地と言った変更異動届出書を、異動後遅滞なく行う必要が在るなど、所轄や届出の種類などに応じて、提出期限が定められているため、オフィス移転を行う時には事前にチェックをしておくと安心です。中央区のオフィス仲介のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です