オフィス移転では、タイミングが重要になります。賃貸オフィスの場合、3ヶ月から6ヶ月の解約予告期間が定められていることが多いです。個人の賃貸では1ヶ月前に申告をしたら違約金がかからないことが多いですが、オフィスの場合には長めに設定されています。オフィスの賃料は20万円を超えることも多いので、6ヶ月の違約金がかかったら100万円を超えてしまうケースもあるでしょう。

しかし、次のオフィスが決まっていない段階で解約申請をすることにもリスクがあるので、多くの場合にオフィス移転では違約金という費用がかかってしまうでしょう。問題は、その費用をできるだけ抑えるということです。次のオフィスが見つかったら、契約日を5ヶ月ほど先延ばしにしてもらうように交渉をしてもらいましょう。ケースバイケースですが、手数料などを支払うことで、認められることがあります。

手数料の金額が違約金よりも低いならば、メリットがあります。オフィス移転にかかる費用は、総額で200万円を超えてしまうことが多いです。トータルの費用をできるだけ抑える努力をしましょう。引っ越し料金は節約できないと考えている人がいますが、業者によって5万円以上も変わってくることがあります。

オフィス家具なども、工夫をすることで安く調達できますので、調べてみましょう。賃貸オフィスではなく、レンタルオフィスにすると初期費用を抑えられます。トータルで考えて、メリットがある方法をとることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です