企業が、業務の拡張や利便性を高めるために行うものの1つに、オフィス移転があります。オフィス移転は、行なう内容に関しては大きな違いは無いものの、費用面に関しては、目的や規模、企業の形態によっても大きく異なることになります。そのために、行う場合には、事前の計画が重要な要素となり、どこまでの範囲で行うのかなどに関して、十分にシュミレーションを行った上で実行に移す必要があります。まず、移転先が決まった場合には、契約日までに、保証金や仲介手数料、前払い賃料、共益費などを支払う必要があります。

最近においては、保証金や前払い金を設けていない場合もあり、事前に確認をすることが必要になります。次に、移転先のオフィスに関する工事があります。内容としては、内装や間仕切り工事があり、この場合、費用としては坪単価として150,000円程度の計上をしておく必要があります。また、電気、電話、LAN配線工事も行なう必要があり、概ね、10,000円~20,000円/坪程度は見ておく必要があります。

オフィス移転では、家具や什器、OA機器購入に関しても予算を組む必要があり、ここでは、社員1名に対して200,000円程度となります。但し、この場合には、旧オフィスなどから移動をすることで大幅に予算を削減することが出きるために、コストを抑えたい場合には、大切なポイントとなります。オフィス移転では、他にも、旧オフィスの現状回復費用や、廃棄処理の費用が必要になりますが、移転業務の提供を行っている会社の中にはワンストップの移転サービスを提供しているところもあり、トータルで依頼をすることで、コスト面や手間を軽減することが可能になります。中野区のオフィス仲介のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です